スタッフブログ

2014年2月 4日 火曜日

ニキビ(>_<)

一つでも、ニキビができてしまうと。。。少し気持ちが下がってしまいますよねweep

そこで、原因を把握し、予防したいですねよねbearing
できる場所によって原因が違うそうですsign02


1.おでこ(額)
思春期に多いニキビですが、大人になってできた場合は、ホルモンバランスの乱れや前髪による刺激、シャンプーの洗い残しなどが原因になっていると考えられます。

2.鼻
毛穴が多く、皮脂の分泌量がもっとも多い部分。日常のほこりや紫外線や、油分の多いファンデーションなどによってターンオーバーのサイクルが崩れがちで角質が厚くなり、毛穴が詰まりやすくなることが原因です。

<対処法>
Tゾーンは皮脂腺が発達しやすく、皮脂分泌が多い部位です。皮脂分泌が盛んなTゾーンは特にしっかり洗顔し、
すすぎ残しがないようしっかり洗い流すことが重要です!
角質をためないよう、ピーリング成分配合の洗顔料を定期的に使うのも良いです。当院でもピーリング+イオン導入がにきびのかたに人気です。

3.頬
脂質の摂り過ぎ、便秘、冷え(特に下半身)、肝機能の低下などが考えられます。
ストレス過多などで男性ホルモンの分泌が増えるのも原因のひとつと言われています。

<対処法>
食生活の内容を見直してみましょう。糖質や脂質を控え、食物繊維を積極的に摂ってみてください。
ちなみに、炎症を起こしている時は、触らないように、清潔に保つように心がけて下さい。
汚れたメイク道具や携帯電話が雑菌の温床になって、頬にふれているケースもあるので身の回りのアイテムのお手入れにも要注意です!

4.口まわり
胃腸が弱ると、口の周りにニキビが出来やすくなります。食べ過ぎや油っぽいもの中心の偏食等によって起こることが多いようです。

<対処法>
暴飲暴食はNGです!腸内環境を整えるよう努めましょう。糖質や脂質を控え、食物繊維を積極的に摂って、食事は「腹八分目」程度に。ビタミンB群を意識して摂りましょう。手で口の周りを触ったり、頬づえをついたりしないよう注意することも有効ですよ。

というような感じで様々な理由があり、
対処方法がありますが、毎日できるのは、やはり睡眠ですよねhappy0110時~2時の間は細胞を作る時間なので、
なるべく睡眠をとる方が良いそうですよup

あとはビタミンを取ることですねnote
当院では、 高濃度ビタミンC点滴や、ビタミン注射などがありますhappy01 綺麗な肌を持続するためにも是非お試しくださいlovely













投稿者 医療法人東和会東和会クリニック

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31